再配布権つきのビックリプレゼント!

再配布権つきのビックリプレゼント!

実は先日、ちょっと腹の立つことがありました。
ドイツで生活していると、日本で普通のことが、通らないことがあります。

 

まっ、当然だし、腹を立てても仕方がない。
でも、抑えられなかったので、持っていた大きなパンを
台所のテーブルに投げつけちゃいました(笑)

 

後で、パンさんに謝りましたよ^^;
でも、それで少しスッキリしました(笑)

 

会社で働いても、そうして、自分ではどうしようも出来ないことが
たくさんありませんか?

私も、会社勤めの経験があるので、分かります。

 

もし、あなたが仕事を辞めたいくらいの気持ちで、アフィリエイトをやっているなら
この言葉を送ります。

 

「なんにもなくなることを覚悟して、取り組むねや。
 そしたら、なくならへんねん。」

 

先日、ご紹介したこちらの本から引用しました^^
http://aimu.orange-mail.net/l/7e1e1t140m482202

 

外国で無一文になりながら、今では海外に20件の家
会社を24件持っている人が語った言葉です。

 

この本読むと
死に物狂いで、一度くらい頑張っても、いいじゃないかって思えてきますよ。

 

 

あいむも、新しいことを学び、ただひたすら実践しています。

勉強しながら進めている作業ですが、今、一ヶ月経ち
このノウハウだけで、今日で27,940円報酬を得ています。

まだ、ベース作りの段階で
通常、3~6ヶ月は、結果が出にくいと言われているのに
一ヶ月でここまで、成果が出てくれたので、今後に期待しています^^

 

力を入れていきたいサイト、ヤフーでもグーグルでも上位にいるものへ
自分でステップメールを作ろうと、頑張っています。

 

もちろん、ステップメールは、この商材で作っていますが
http://aimu.orange-mail.net/l/7e1e2t140m482202

 

実は、あいむが作っているサイトで
ステップメールへ登録している人の率(オプトイン率)を計算すると40%でした。
それを知って、自分でステップメールを作ることにしたのです^^

 

全く当たらしジャンルのステップメール
早速、6通書いた中で4通書き直しです・・・(涙)

 

でも、最強のステップメールを作れば、サイトを訪れた後
見込み客へ、直接メールでセールスしてくれるわけです。

 

これは、泣いていられません!添削、頑張るしかないでしょう。
それに、こうして、自分で書いていけば、それだけ自分の力になります。

 

同じ商品を売るために、次に狙ったキーワードで、またひとつサイトを作り
そこにも、ステップメールを設置すれば、また、最強のセールスマンが
常置したサイトが完成です^^

1.売れやすい商品を選び

2.店舗を増やし

3.店頭に、最強のセールスマン(ステップメール)を設置する。

4.売れる仕組みができると、更に、店舗を増やす

このイメージです。

フロンティアアフィリエイトをされている人は
このイメージが沸きませんか?

そう、あいむも、同じことをしているのです^^

 

悪魔のステップメールでは、大幅のバージョンアップがあります。
どれだけって、内容は、以前の2倍になりそうですよ(笑)

11勝…携帯ステップメール編
12勝…ネットショップのメールマーケティング
13勝…アンケート
14勝…プレランチにおけるメールマーケティング
15勝…SEO編
16勝…リピーター獲得戦略
17勝…テーマとメッセージの作り方
18勝…自己ブランディング
19勝…キーワード戦略
20勝…マーケティングまとめ

最近、15勝を頂いて、残りも楽しみにしています。

リピーター戦略
テーマとメッセージの作り方
自己ブランディング
キーワード戦略

特に、このあたり、早く読んでみたいですね^^

 

先ほど、販売者の上野さんとお話していて、こんなレポートを頂きました。

悪魔のステップメールの購入者通信、とっても内容が濃いということで有名ですが
それを何と、無料で頂けますよ♪
http://os7.biz/uNpf7k
(再配布権付ですから、あなたの特典としてもお使いいただけます!)

 

レポート、開いてビックリ!

なっ、なんと、1256ページ・・・やっぱり、悪ステ販売者
やることが、半端じゃないですね(笑)
http://os7.biz/uNpf7k

 

 

稼ぐための戦略。
まだ、もっていない方は、まずは、自分の進む道を見つけてくださいね!

 

あいむへのご相談もお気軽に♪
http://aimu.orange-mail.net/l/7e1e5t140m482202

 

 

 


トラックバック&コメント

この記事のトラックバックURL:

コメントは受け付けていません。


»
«