プロフィール

「韓国大好き」サイトの管理人です。

管理人は1974年、初めて韓国ソウルに行きました。
以来、40数年韓国の各地を訪問しました。

時々、周りの方はなぜそんなに韓国に行くんですかと問われることがあります。
そんなとき、自分を振り返って「何でだろう」と一瞬答えを返せません。
それで、「うん、韓国が大好きだから」と答えます。
すると「韓国のどこが好きなんですか。」と問われて、はたまた答えに窮します。
それで「うん、韓国の全部」と答えます。

確かに、韓国のことについて深く知ると、好ましくないようなことも見聞します。でも、それも含めて「全部、大好きなんです。」
という意味ですよ。

最初はソウル市内にフリーのツアーで行っていましたが、次第に格安航空券を手に入れて、ソウルから郊外に出て、その後、地方に行き出しました。

春川(チュンチョン)でタッカルビ(鶏カルビ;とても辛くて食べきれませんでした。)、天安(チョナン)の独立記念館、堤岩里教会、オドゥサン統一展望台、板門店(DNZの1日旅行があります。)、仁川市内、江華島、水原の華城、扶余。

それから、高速艇で釜山へ行くのを覚えて、釜山から韓国の南部の都市をあちこち行きました。とてもきれいな都市もありました。

慶州、光州、モッポ。

珍味も食しました。

あるときは、ソウル市内の語学学校に1週間行ったこともあります。そんなとき、2泊3日で旅行したときの最終日の切なさとまったく変わらず、最後はいつも切なくて、ああ、もっといたいと後ろ髪を引かれる思いで帰りました。

いつか、ビザのいらない最長期間3か月行きたいなと思います。

私と同感の方、ぜひ、コメントでもメールでもください。
買ってきた土産物がちょっと足りないときに、ここで補充されてはどうでしょうか。
>>

本場の味のキムチをお探しのあなたへ
創業50年 大阪・鶴橋老舗の名店
まじめなキムチ屋さん 豊田商店
いまなら会員登録ですぐに使える600ポイントプレゼント!

 

サブコンテンツ

私のお気に入り

このページの先頭へ